忍者ブログ
2017.09│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

ドクターKのこだわりコレクションをご紹介します。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




久しぶりにバーンスタインのトリスタンを聞いた。全曲を聴き終え、深い感動と心地良い疲れとでしばらく茫然としていた。

ワグナーの「トリスタンとイゾルデ」は史上最高のオペラの一つ。それだけに数多くの名盤がある。そのなかでもとてもユニークなのがこのバーンスタイン盤。

バーンスタイン盤は1976年、ミュンヘンでの演奏会様式によるレコード録音のためのライブ収録。主役はトリスタンがホフマン、イゾルデがベーレンスの組み合わせ。何がユニークなのかというと、とにかく演奏時間が長い。

ニューヨークフィルの音楽監督を辞し、ウィーンフィルなどへの客演が増えてきた時代のバーンスタインは、若い頃とはその演奏スタイルが変わり、ロマン派以降の作品について、徹底した自己没入により、曲を自己流に再構築する手法をとるようになった。例えば、シベリウスやチャイコフスキーの交響曲なども、彼のマーラーに対する姿勢と同様のアプローチを試みた。

それにしても、これほど陶酔的なロマンティシズムに貫かれた演奏は他にない。その意味では、かのフルトベングラー盤をも超えている。ここまで主情的なアプローチは前代未聞である。そしてその手法がここでは見事に成功し、「トリスタン」の粘着質で官能的な世界を完璧に描き切っている。




実はこの演奏会の模様のビデオ映像が残っている。おそらくテレビ中継を誰かが録画したものなのだろう。通常の演奏会のようにオーケストラが舞台上に展開し、各幕ごとに歌手達が登場、オーケストラの背後に立つ。通常のオペラ舞台のような演技も必要ないので、専ら歌唱に没頭できている。レニーの全身を使ったエネルギッシュな演奏姿を堪能することができる。この貴重なビデオは海賊版なので入手が非常に困難であり、一般にその存在はあまり知られていない。

バーンスタインの指揮姿を一度観たことがある。以前、私の出身の札幌でPacific Musical Festivalという夏期のクラシック音楽フェスティバルがあり、この田舎に何とバーンスタインがやって来てしばらくの間滞在し、アジアの若い演奏家たちを熱心に指導してくれた。今から思うと、彼はすでに病魔に冒されていた時期であり、体調があまり優れない中で本当に有り難いことであった。

Dr K
PR
←No.24No.23No.22No.21No.20No.19No.18No.17No.16No.15No.12
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ドクターK
性別:
男性
職業:
開業医
趣味:
コレクション
自己紹介:
日々の外来診療の傍ら、周囲の目に隠れて密かに集めたこだわりのコレクション。未視聴、未読のCD、DVD、本の山に囲まれながら、人生の残り時間を考える毎日。
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析